読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お茶会への招待状 『隠しキャラ』

アキラ・オースティン

クロードさんの息子さん。

父親がああだからかしっかりしている。誰彼構わず口説いたりしない。

寄宿学校に通っている。

父親に甘いものを控えるよういつも言っている。

 

アキラ君は隠しキャラなので公式に人物紹介がなかったので自分で考えました。短いですね、すみません。

ここからネタバレ含みますので、未プレイのかたはご注意ください。

 

隠し友情

友情を感じているのはドナちゃんだけなルートです。一方通行な片思い、大好物です。ご馳走さまでした。それと、とても素敵な三角関係でしたね。 アキラ君もクロードさんもドナちゃんを巡って子供っぽいやり取りをするので、度々ドナちゃんに呆れられます。クロードさんが、本気でドナちゃんを狙っているのか、それともアキラ君を焚き付ける意味を含めたからかいなのか微妙なラインです。本気っぽく見えるんですが、どうなんでしょうか‥‥あれだけ避けていた社交界に出ることを決めたあたり本気っぽいんですが‥‥うーん、難しい。

アキラ君が子供っぽいというか、年相応というか。とりあえず可愛い!身長が同じくらいと言われて、これ以上伸びるか不安になってるのとか!アキラ君って何歳なんでしょうか。調べてみたところ、寄宿学校って13歳から入れて18歳で卒業なんですよね。恐らく13歳ではないでしょうから、14~17歳くらい?ドナちゃんは5年以内に結婚しないと~のくだりを鑑みて、17~19歳くらい?最高で5歳差。多分最低でも3歳差ですよね。完全に私の妄想ですので悪しからず。最高ですね!ふふふ。

ドナちゃんがナンパされているのを見た親子の連帯プレーは流石としか言いようがありませんでした。美少年の睨みは怖いですね。クロードさんのウィンクもなかなか不穏なものがありました(笑)

 

隠しtrue

甘酸っぱい。もうひたすら甘酸っぱい。どっかの誰かさんのルートみたいに、胃が痛くなることもなく、若い2人のジレジレソワソワした恋愛模様を温かい気持ちのまま見ることができました。アキラ君はバッドもバッドじゃないから最高です。最高の癒し要員です。ありがとう!

前半は思春期の男の子らしく、上手くアプローチできなくて悩んでましたね。まあそこらの同年代の子よりも紳士なんでしょうけど。場面場面でことごとく邪魔をされるアキラ君。怒りの声を上げたくなるのも分かります。変質者からドナちゃんを助けようとしたのに、サラッと掻っ攫われ、挙句にバラの花束をプレゼントされるのを見せつけられちゃうんですから。しかも見た目は良いライナスときたものです。ここで初めてイームズ子爵と対面しまして。感想はヤバい人来たなぁ‥‥ですよね。面白いですけど。バックにバラを背負ってますし。白目であんな迫り方されれば誰だってビビりますよね。ははは。

年齢差や身長差を気にするのは思春期特有で可愛いですよね!でも、ドナちゃんって公式の身長早見表を見るかぎり、ヒール込みで168㎝という設定みたいなので、部屋の中でもヒールの靴を履いているかは分かりませんが、アキラ君だって結構ありますよね。せめて170㎝は欲しいところなんでしょうか。クロードさんもあの中じゃ2番目に背が高いですし。贅沢者め‥‥!

振り回されっぱなしなところもニヤニヤポイントです!2人きりでお出掛けして特別と言われてソワソワしたり、頬を触られて赤くなったり、買い出しに行って迷子にならないよう手を繋ごうと言われて落ち込んだり‥‥。アキラ君の不憫っぷりが堪りませんね!そこから少しずつ逆転していく様なんてもうね!マキシマ氏からアキラ君を救出したとき、泣き出したドナちゃんの額にキスをしてるシーンなんて卒倒ものでした!!目つきの優しいこと優しいこと‥‥ドナちゃんの照れ顔も可愛いですね!!でも、最後はドナちゃんがバシッと決めて、流石我らがドナちゃんという感じですね(笑)

2人の関係も両家族公認って素敵ですよね‥‥!アキラ君に余裕が生まれて、ドナちゃんをからかったりグイグイ迫ったりするのは流石あの父親の子だとしか(笑)あと、ドナちゃんのお母さんをどんどん誑し込んでいくのも、1ヶ月かけて外堀を埋めドナちゃんを逃げられないようにしたクロードさんそっくりですね!クロードさんのようにあからさまじゃないあたり手強いというか、なんというか‥‥。

 

こんな感じで、隠しルート終了です。このルートはどれを選んでも楽しく終わるので大好きです。バッドのドナちゃんのご乱心っぷりは見ないと損です(笑)アキラ君、ビビらないであげて!trueのクロードさんはちゃんと良い父親でしたが、友情はマキシマ氏の部分を除いて子供でしたね。

次はあの殴りたいランキングぶっちぎり1位の人です。そして私の大好きなメリケンサックの方が大活躍するルートです。

それでは。

 

 

お茶会への招待状 『フレッド・バージェス』

 

フレッド・バージェス

好きなお茶はハーブティー

ロンドンの祖母の家で、姉と共に働いている。

愛嬌があって誰にでも好かれる性格だが、少々空気が読めないところも。

そのため、しっかり者の姉にはよく叱られているが、少しもめげない。

庭仕事が好きで、よく庭に出ている姿が見られている。ハーブに明るい。

お茶は味よりも効能。フロイド家のハーブティーは彼の自作。

 

公式サイト様より。フレッドの紹介です。

次からネタバレ含みますので、未プレイの方はご注意ください。

 

フレッド友情

この一言に尽きますね。ドナ様最強

いや、本当にスカッとしました。ピッチフォークに拍手を。

フレッド友情というよりも、ジェナデレルートのほうが正しい気がします。いつだってクールビューティーで冷静なジェナが、ドナちゃんにお説教され、そのうえ頬を赤らめちゃいますからね。ジェナのレアな乙女姿が垣間見れます。クソ親父に連れ去られたときも、助けを呼ぶ相手はドナ様。フレッドが倒されたので当然の流れかもしれませんが、にやけが止まりませんよね。男前なこと言うお嬢さんだなぁ、なんて思っていたら本当に男前すぎてポッとしちゃってましたよね。フレッドも赤くなってましたし。終盤は青くなってましたが。

他のキャラの影が限りなく薄くなっちゃってました。ドナちゃんが男前なのでフロイド家の中で解決しちゃうんですよね。ほうき一本で大の大人を追い払うなんてさすがです。そしてとても力持ち。大農園の娘、恐るべし。

クソ親父のところに乗り込むシーンは、笑いすぎて先に進めなくなりました。キーが押せないんです。オートモードにしておけばよかったです。猟銃を撫でるシーンなんかめちゃくちゃ様になってました。どんな相手でも一発でしょう。

 

フレッドtrue

なんだかんだで、フレッドが1番男前な気がします。わんこ系なので頼りにならなそうだと失礼なことを考えていたら、ちゃんとしっかりしてた‥‥!でもうぐああああってなる‥‥ジェナといいフレッドといい、姉弟そろって自己犠牲精神が強すぎるよ‥‥みんなで幸せになる道を考えよう?

ちょっとほっこりしたのは、ドナちゃんの好きな食べ物と苦手な食べ物が知れたことです。ジャムが好きで、特にマーマレードが好き。そしてニシンが駄目なんですね。苦手でもちゃんと食べるの本当に良い子だと思います。

外せないのがジェナの料理ですよね。あれはすごい。なんかもうすごい。スチルのジェナの表情はとても可愛かったですが、持ってるものが物騒すぎる。達成感に満ち溢れたような顔をしてるけど、多分それで人殺せちゃうよ。煮ることができるなら、きっと大丈夫。ゆで卵ぐらい作れるようになるよ。

フレッドが男として見られていなくて悩んでいるところは面白可愛かったですね!自覚が早かったのは意外でした。ギリギリまで気づかないやつかなぁ、と思っていたので。完全に弟としてしか見てませんもんね、ドナちゃん。身体を拭いてあげるのくだりのあしらい方とか、思春期の弟への対応って感じですし。拗ねてる理由に気づいてあげて‥‥!そんなところも魅力の一つなんでしょうけども。

父親は何度見てもメリケンサックで一発かましてやりたくなります。奥さんが亡くなる前はマトもだったとか、そういう問題じゃない。娘を娼館に売ろうとしたとか開いた口が塞がらないわ。伯母さんもなかなか性根腐ってそうですし。何されても笑っているとは‥‥相当参っていたでしょうね。まだ年端もいかない子供だから当たり前だよ‥‥ジェナがそのことを知ってすぐに迎えに行ってくれてホッとしたけど、ものすごく途方に暮れただろうなぁ‥‥ドナちゃんのお祖母さんに出会えて本当に良かった‥‥!

まあその後、ジェナのためそしてドナちゃんのために父親のもとへ行くと言い出したわけですが‥‥フレッド渾身の告白に予想を裏切らない形で返したドナちゃんに、ちょっとだけタメ口になったの、少しグッときました。多分同い年かちょっと差があるくらいだもんね。いいね。餞別だと思って許してくださいって‥‥行くなよ!行かないでよ!と叫びたくなりながら進めました。フレッドの阿呆‥‥‥。

trueでは、他の人たちが大活躍でしたね!クロードルートをやったあとだったので、無性に笑えて仕方なかったです。しっかりしたおじ様でした。ライナスのヤクザっぷりはすごかった。銃をサラッと出したのもすごかった。先代のかな?違うかな?クソ親父のところへ乗り込んだシーンは、みなさんの紳士っぷりがとても発揮されてました。ダニエルさんのクリケット設定がちゃんと生かされていて感動しました。ライナスとクロードさんは運動神経悪そう。でも銃の腕は相当なようなのできっと大丈夫なんでしょう。容赦のない発砲素敵でした。

無事にフレッドを救出して、家に戻って手当されながらジェナにお説教をされているシーンは、なんというか安心感がありましたね。あぁ良かったなぁ‥‥っていう。反対側では刑事さんに貴族のお二方がお願い事をしているわけですが。手慣れていておっかないですね!そんな2人でも篭絡しきれなかった刑事さんをあっさり頷かせたクロードさんもなかなかです。そんなこんなでとりあえず一件落着ですが、フレッドからしたらまだ一つ問題が残ってますもんね。やらかしたもんね、餞別だと思ってって言って。ドナちゃんがまったく気にしてないのが余計に辛い。こちらからしたらとても面白い。ドナちゃんから逃げ出したところをダニエルさんに捕まり、全員の前で洗いざらい吐かされます。若干名心が汚れてましたが、恐らく残りの人たちのほうがいろいろと黒いと思います。クロードさんに背中を押され、思いの丈をぶつけますが、ここでも予想を裏切らないドナちゃん。ドナちゃんがジェナの義妹になるのはいつになるんでしょうか。楽しみです。餞別の件は思い出して赤くなってたので、犬に舐められたという風には思ってなかったようです。多分。ここからじゃんじゃん意識していくでしょう!フレッドもグイグイいってますし!!いいですねぇ、青春ですねぇ。ふふふ。

 

これでフレッドルートは終了です。友情では思う存分笑わせていただきましたし、trueのほうは若干胸が痛くなりましたが、丸く収まりました。天体観測で、ドナちゃんからできるようになる日が来るのを楽しみにしてます。ジェナの料理の腕が少しでも上達することも‥‥。

次は歳の差と身長を気にする可愛らしい彼のルートです。甘酸っぱいです。それでは。

お茶会への招待状 『クロード・オースティン』

クロード・オーステン

好きなお茶はシッキム。

挨拶代わりに女性を口説く、困った大人。

ドナにも変わらず接するが、どこまで本気かわからない。からかっているだけのようにも見える。

知性を感じさせる雰囲気もあり、経験に基づいた助言をくれることも。

知識階級の出身らしいが、あまりそういったことは本人の口からきくことはない。

お茶は味だけでなく香りも重視する。

 

公式サイト様より、クロードさんの説明です。

ここからネタバレ含みますので、未プレイの方はご注意ください。

 

クロード友情

こちらのクロードさんは、とにかくドナちゃんをからかうのが楽しくて仕方がないって感じの人でしたね。掛け合いがまさに親子そのもの。可愛い

ケーキのくだりなんか、笑わされっぱなしでした。2年間も放置されていたケーキ…地獄と混沌の世界なんて形容されるほどの中身……ちょっと気になりますよね(笑)

そしてドナちゃんの機嫌を直そうと飴をあげるクロードさん…飴をあげれば機嫌が直るとおもっているのでしょうか。完全に子供扱いですね。最初に飴を買ってあげて喜んでいたから、よくなると思っているんでしょう。可愛い2人です。

そして、ドナちゃんの賢さがよく分かるルートです。勉強は駄目だったと言ってましたが、興味のあるものに関しては驚異の吸収力を見せるんでしょうね。農業に関しても然りでしょうし。

クロードさんに助手として一緒に日本に来ないかと誘われますが、決心がつかずどうしようかと悩んでいるところに、クロードさんの研究仲間と鉢合わせ、話の流れで一緒に行くことが決定してしまいました!丸め込まれるドナちゃんも可愛いです。

そして、一緒に行くことを周りの人がたに報告します。そしてとても心配される。主にドナちゃんが。ライナスとダニエルさんの反応は面白かったです。もうデキているのかと危惧するライナスと、顔色の悪くなるダニエルさん。しかし、会った人会った人に親子と思われる2人。実の息子からも思われているのですから相当なんでしょうね。

終盤のクロードさんは、女好きな性格も鳴りを潜め、ドナちゃんを1人の助手としいて扱います。その関係性も中々素敵でした。船に乗る直前に明かされる、ある意味衝撃的な話。ドナちゃんの苦労が目に見えますが、イギリスに帰って来た時には、ものすごくあしらい上手なしっかりもののお嬢さんになってそうです(笑)

 

クロードtrue

歳の差が好きなので、よっしゃ!と思いながら進めていましたが、初っ端から度肝を抜かれましたね。やもめでしかも息子までいるとは‥‥この人が攻略対象でいいのか‥‥?といろんな意味でドキドキしながらプレイしました(笑)

公式の説明でもありましたが、からかっているだけなのか、本気なのか分かりづらいところが多々あってとてもヤキモキしたものです‥‥少しずつでも気になるって思い始めたのって、香水の辺りかな?うーん、どうだろう。

このルートで外せないのは外野の皆さんです。もう面白いのなんの!でもダニエルさんはちょっと可哀想な状況に追い込まれました、こっちからすれば面白い状況ですがね!そんな状況に追い込まれながらも、他の人も似たような目に遭うようにするダニエルさん本当流石としか言いようがありません。ライナスさんは素敵なご友人をお持ちです。

主な目的は、クロードさんの亡くなった奥さんに何があったのか知ることと、アキラ君の日本行きを阻止することです。目的が目的なだけに、話が重い‥‥。所々に回想が挿まれているんですが、本当に悲しくなります。クロードさんの愛の深さを知れば知るほどやるせない気持ちになります‥‥。

ドナちゃんも結構引き気味なんですよね。クロードさんにドン引きしてる、とかではなくあまり積極的じゃないんです。息子さんがいて、奥さんまでいた人が自分を相手にするはずない、と思っているのかあまり気持ちを見せてはくれません。そこはクロードさんも一緒ですが。

厄介な2人ですが、お話はもちろん素敵でした!友情ルートとは違った雰囲気で学者としての顔を見せてくれますし、クロードさんのお父さんっぷりを見ることができます。それは隠しルートでも見ることができますが(笑)

醍醐味は修羅場の多さですよね。しかしそのあしらいも完全に慣れ切っている。途中で面倒になってドナちゃんも巻き込まれますが、そのあとに普通に会話し、そのうえ食事の約束までしてしまうとは‥‥ドナちゃんは肝が据わっているというかなんというか‥‥。

 ぼさぼさの髪に隙だらけの服で出てきたときは、ギャップだギャップ!とニヤニヤしました。それに眼鏡。老眼ではないらしいですね。さて、老眼鏡が必要になるまであと何年ほどでしょうか。楽しみです。

お仕事か聞いて、女性に会いに行くと勘づくドナちゃん‥‥楽しみ後に鉢合わせてしまったときのあの怒りの雄たけび。いえ、スチルもヒュゥ!って感じでしたよ?でもセロリアックインパクトがすごくて‥‥‥それにアキラ君のナイトキャップと枕。潰れたセロリアックはズルいと思います。笑うしかないじゃないですか。余談ですが、セロリアックってサトイモみたいな形なんですよね。匂いはセロリに近いらしく、スープなどに入れて食べるそうです。なので私は食べられません。セロリ苦手なんです。

怒りに任せて街を走り回っていると、間の悪いことで定評のあるハロルドさんをかち会います。出会い頭に睨み付けられるハロルドさん。それでもめげすにドナちゃんとお茶に行き、そこで正論ながらもキツイことを言って泣かせてしまいます。大いに焦る焦る、面白いですね!このルートのドナちゃんは喜怒哀楽がはっきりしていて可愛いですよね。ルートによっては心配になるくらい自分を抑えてしまうので、見ていてホッとします。ここでドナちゃんの気持ちがはっきりわかります。好きなのかと言われて赤くなるドナちゃん。そんな反応を見て青くなるハロルドさん。このルートで1番の苦労人はハロルドさんに決定ですね、おめでとうございます。

クロードさんのお兄さんによって、クロードさんの内面も少し分かったかと思いきや、またも問題が発生します。日本にいる亡くなった奥さんのお父さんから、アキラ君を寄越すように連絡があったのです。当初は断るクロードさんですが、痛いところを突かれ、アキラ君に日本に行くように言ってしまいます。ここもある意味修羅場でした。アキラ君のことは怒らせないに限ります。

ようやく問題が落ち着いて一件落着したかと思いきや、再びの修羅場。ここで輝く外野の方たちとノーマさん。さすがに友達という単語が出てきたときには吹き出しましたよ。確かにオトモダチかもしれませんがね、ハハハ。クロードさんの言い訳の苦しいこと苦しいこと。そして外野とノーマさんの発言でさらに拗れるドナちゃんとクロードさん。クロードさんのレアな照れ顔を見ることができますが、お怒り中のドナちゃんには通用しなかったようです、残念。

終盤に入ってようやく本気モードを見せてくれましたね。いやぁ、大人の本気って怖いわぁ。人目を気にせずにかましてくるんですもん。ジェナあたりならガン見していたんでしょうね。

1ヶ月も音沙汰なしで何やってたのかと思っていたら、まさかの外堀埋め‥‥本当に恐ろしい。末永く若妻を溺愛してほしいですね。アキラ君もファイト。きっとお祖父さんの家に入り浸ることになりますよ。喧嘩の仲裁も頑張ってほしいです。

 

こんな感じでクロードルート終了です。めちゃくちゃ長かった。この人が1番長かった気がします。シリアスな展開になりながらも、外野やノーマさんのおかげで沢山笑わせていただきました。いろいろな人を巻き込みながらまとまってよかったです。

次は、クロードルートで鋭い一面を見せてくれた彼のルートです。この一面を見て次プレイすることに決めました。彼が1番好きだったりします実は。

それでは。

 

 

お茶会への招待状

それでは早速。

今回プレイしたのは「.aihen」様が制作された『お茶会への招待状』というゲームです。フリーゲームですよ。

総エンド数21・スチル数67、ものすごくボリュームのあるゲームになっております!

プレイした人が必ず口にするのが、スチルが美しい…!

商業ゲームに劣らない美しさです!!それ以上かもしれません!

それぐらい綺麗で、しかもちょっと動くんです!アニメのように!それもまた美しい!

動かないものもありますが、大半がちょっとした動作をします。スチルだけ眺めて、その話を思い出すのも楽しいです、うへへ。

下のURLからホームページに飛ぶことができます。

お茶会への招待状

ちなみにこのゲーム、前作である『AliceNightmare』というゲームと少し繋がっております。もちろんプレイしなくても全然大丈夫だと思いますが、プレイしてからのほうが感動が大きく、感慨深くなれます。多分。少なくとも私はそう感じました。

 

一生田舎から出ることはないだろうし、その必要もない。

収穫におしゃれなんて邪魔だし、流行を学ぶくらいなら農作業を学んだほうがマシ。

田舎の農園で生まれ育ったドナは、今日も収穫に精を出していた。

ところが、祖母が突然亡くなってしまい、ドナの平和な田舎暮らしに緊急事態が。

都会の祖母の家で遺品整理をするよう、両親に命じられてしまう。

生まれて初めての大都市ロンドン。

渋々引き受けた遺品整理の役目。

慣れない都会への期待と不安でいっぱいになっているところに、訪問のベルが鳴る。

扉の先には、祖母のお茶会にきたと言う、見知らぬ客人たち。

かつて社交界の名花と呼ばれた祖母が遺してくれたのは、楽しいお茶会だけ……?

 

ホームページから抜粋させていただきました。

以上が話の流れになります。

主人公は田舎娘のドナ・フロイドことドナちゃん。

明るく元気で物怖じのしないとても良い子です。

ルートによってはドナ様になります。それはプレイしてからのお楽しみ。

攻略対象は5+1、それに追加でもう1人変なのがいます。

1ルート約3時間かそれ以上という大ボリュームです。

エンディングは、true・友情・バッドの3つです。

基本私はあまりバッドには触れません、避けて通ります。プレイはしました。

理由は簡単、思い出すと悲しくなるから!ハッピーなのが好きなんです…申し訳ない……。

 

どの人物を攻略するかは、最初に選択するお茶で決めます。

サイトで誰がどのお茶を好きなのか調べておくのもいいですが、真っ新な状態で選択するのも楽しいです。私は最初シッキムを選びました。

 

舞台は英国ということで、みなさん紳士です。一応。

自分のルートじゃなければ、みなさん紳士パワーを発揮してくれます。

俺様やツンデレ、分かりやすいドSはいませんが、それだからこそとても面白いです。

 

シリアスな展開になることもしばしばありますが、ギャグも織り込まれているのでよく笑わせてくれます。ドナちゃんの叫び声には注目してほしいです。

 

そんな感じで、次から各攻略キャラの感想に行きたいと思います。

攻略キャラ順にしようと思うので、最初は女たらしのおじさんです。

私の中の殴りたいキャラランキング堂々の3位の人です。

順位微妙ですね、1位は言わずとも出てくる彼で、2位は某ミューズ野郎です。

ミューズ野郎には1位の人とは違った意味で一発くらいおみまいしないと気がすみません。話が逸れてしまいました。

それでは次回に。

 

 

ブログ始めました

好きなものについて語ったり、妄想を吐き出す場所が欲しくて始めました。

ジャンルは雑多です。

ゲームだったり、本だったり、映画だったり、アニメだったり…。

今ハマっているのはフリーゲームなので、多分フリーゲームについてが多くなるんじゃないかなぁ…。

そんなこんなで、いつまで続くか分かりませんが、やっていきたいと思います。

次からは無駄にハイテンションになると思います、はい。

それでは。