読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お茶会への招待状 『クロード・オースティン』

クロード・オーステン

好きなお茶はシッキム。

挨拶代わりに女性を口説く、困った大人。

ドナにも変わらず接するが、どこまで本気かわからない。からかっているだけのようにも見える。

知性を感じさせる雰囲気もあり、経験に基づいた助言をくれることも。

知識階級の出身らしいが、あまりそういったことは本人の口からきくことはない。

お茶は味だけでなく香りも重視する。

 

公式サイト様より、クロードさんの説明です。

ここからネタバレ含みますので、未プレイの方はご注意ください。

 

クロード友情

こちらのクロードさんは、とにかくドナちゃんをからかうのが楽しくて仕方がないって感じの人でしたね。掛け合いがまさに親子そのもの。可愛い

ケーキのくだりなんか、笑わされっぱなしでした。2年間も放置されていたケーキ…地獄と混沌の世界なんて形容されるほどの中身……ちょっと気になりますよね(笑)

そしてドナちゃんの機嫌を直そうと飴をあげるクロードさん…飴をあげれば機嫌が直るとおもっているのでしょうか。完全に子供扱いですね。最初に飴を買ってあげて喜んでいたから、よくなると思っているんでしょう。可愛い2人です。

そして、ドナちゃんの賢さがよく分かるルートです。勉強は駄目だったと言ってましたが、興味のあるものに関しては驚異の吸収力を見せるんでしょうね。農業に関しても然りでしょうし。

クロードさんに助手として一緒に日本に来ないかと誘われますが、決心がつかずどうしようかと悩んでいるところに、クロードさんの研究仲間と鉢合わせ、話の流れで一緒に行くことが決定してしまいました!丸め込まれるドナちゃんも可愛いです。

そして、一緒に行くことを周りの人がたに報告します。そしてとても心配される。主にドナちゃんが。ライナスとダニエルさんの反応は面白かったです。もうデキているのかと危惧するライナスと、顔色の悪くなるダニエルさん。しかし、会った人会った人に親子と思われる2人。実の息子からも思われているのですから相当なんでしょうね。

終盤のクロードさんは、女好きな性格も鳴りを潜め、ドナちゃんを1人の助手としいて扱います。その関係性も中々素敵でした。船に乗る直前に明かされる、ある意味衝撃的な話。ドナちゃんの苦労が目に見えますが、イギリスに帰って来た時には、ものすごくあしらい上手なしっかりもののお嬢さんになってそうです(笑)

 

クロードtrue

歳の差が好きなので、よっしゃ!と思いながら進めていましたが、初っ端から度肝を抜かれましたね。やもめでしかも息子までいるとは‥‥この人が攻略対象でいいのか‥‥?といろんな意味でドキドキしながらプレイしました(笑)

公式の説明でもありましたが、からかっているだけなのか、本気なのか分かりづらいところが多々あってとてもヤキモキしたものです‥‥少しずつでも気になるって思い始めたのって、香水の辺りかな?うーん、どうだろう。

このルートで外せないのは外野の皆さんです。もう面白いのなんの!でもダニエルさんはちょっと可哀想な状況に追い込まれました、こっちからすれば面白い状況ですがね!そんな状況に追い込まれながらも、他の人も似たような目に遭うようにするダニエルさん本当流石としか言いようがありません。ライナスさんは素敵なご友人をお持ちです。

主な目的は、クロードさんの亡くなった奥さんに何があったのか知ることと、アキラ君の日本行きを阻止することです。目的が目的なだけに、話が重い‥‥。所々に回想が挿まれているんですが、本当に悲しくなります。クロードさんの愛の深さを知れば知るほどやるせない気持ちになります‥‥。

ドナちゃんも結構引き気味なんですよね。クロードさんにドン引きしてる、とかではなくあまり積極的じゃないんです。息子さんがいて、奥さんまでいた人が自分を相手にするはずない、と思っているのかあまり気持ちを見せてはくれません。そこはクロードさんも一緒ですが。

厄介な2人ですが、お話はもちろん素敵でした!友情ルートとは違った雰囲気で学者としての顔を見せてくれますし、クロードさんのお父さんっぷりを見ることができます。それは隠しルートでも見ることができますが(笑)

醍醐味は修羅場の多さですよね。しかしそのあしらいも完全に慣れ切っている。途中で面倒になってドナちゃんも巻き込まれますが、そのあとに普通に会話し、そのうえ食事の約束までしてしまうとは‥‥ドナちゃんは肝が据わっているというかなんというか‥‥。

 ぼさぼさの髪に隙だらけの服で出てきたときは、ギャップだギャップ!とニヤニヤしました。それに眼鏡。老眼ではないらしいですね。さて、老眼鏡が必要になるまであと何年ほどでしょうか。楽しみです。

お仕事か聞いて、女性に会いに行くと勘づくドナちゃん‥‥楽しみ後に鉢合わせてしまったときのあの怒りの雄たけび。いえ、スチルもヒュゥ!って感じでしたよ?でもセロリアックインパクトがすごくて‥‥‥それにアキラ君のナイトキャップと枕。潰れたセロリアックはズルいと思います。笑うしかないじゃないですか。余談ですが、セロリアックってサトイモみたいな形なんですよね。匂いはセロリに近いらしく、スープなどに入れて食べるそうです。なので私は食べられません。セロリ苦手なんです。

怒りに任せて街を走り回っていると、間の悪いことで定評のあるハロルドさんをかち会います。出会い頭に睨み付けられるハロルドさん。それでもめげすにドナちゃんとお茶に行き、そこで正論ながらもキツイことを言って泣かせてしまいます。大いに焦る焦る、面白いですね!このルートのドナちゃんは喜怒哀楽がはっきりしていて可愛いですよね。ルートによっては心配になるくらい自分を抑えてしまうので、見ていてホッとします。ここでドナちゃんの気持ちがはっきりわかります。好きなのかと言われて赤くなるドナちゃん。そんな反応を見て青くなるハロルドさん。このルートで1番の苦労人はハロルドさんに決定ですね、おめでとうございます。

クロードさんのお兄さんによって、クロードさんの内面も少し分かったかと思いきや、またも問題が発生します。日本にいる亡くなった奥さんのお父さんから、アキラ君を寄越すように連絡があったのです。当初は断るクロードさんですが、痛いところを突かれ、アキラ君に日本に行くように言ってしまいます。ここもある意味修羅場でした。アキラ君のことは怒らせないに限ります。

ようやく問題が落ち着いて一件落着したかと思いきや、再びの修羅場。ここで輝く外野の方たちとノーマさん。さすがに友達という単語が出てきたときには吹き出しましたよ。確かにオトモダチかもしれませんがね、ハハハ。クロードさんの言い訳の苦しいこと苦しいこと。そして外野とノーマさんの発言でさらに拗れるドナちゃんとクロードさん。クロードさんのレアな照れ顔を見ることができますが、お怒り中のドナちゃんには通用しなかったようです、残念。

終盤に入ってようやく本気モードを見せてくれましたね。いやぁ、大人の本気って怖いわぁ。人目を気にせずにかましてくるんですもん。ジェナあたりならガン見していたんでしょうね。

1ヶ月も音沙汰なしで何やってたのかと思っていたら、まさかの外堀埋め‥‥本当に恐ろしい。末永く若妻を溺愛してほしいですね。アキラ君もファイト。きっとお祖父さんの家に入り浸ることになりますよ。喧嘩の仲裁も頑張ってほしいです。

 

こんな感じでクロードルート終了です。めちゃくちゃ長かった。この人が1番長かった気がします。シリアスな展開になりながらも、外野やノーマさんのおかげで沢山笑わせていただきました。いろいろな人を巻き込みながらまとまってよかったです。

次は、クロードルートで鋭い一面を見せてくれた彼のルートです。この一面を見て次プレイすることに決めました。彼が1番好きだったりします実は。

それでは。