読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お茶会への招待状 『隠しキャラ』

アキラ・オースティン

クロードさんの息子さん。

父親がああだからかしっかりしている。誰彼構わず口説いたりしない。

寄宿学校に通っている。

父親に甘いものを控えるよういつも言っている。

 

アキラ君は隠しキャラなので公式に人物紹介がなかったので自分で考えました。短いですね、すみません。

ここからネタバレ含みますので、未プレイのかたはご注意ください。

 

隠し友情

友情を感じているのはドナちゃんだけなルートです。一方通行な片思い、大好物です。ご馳走さまでした。それと、とても素敵な三角関係でしたね。 アキラ君もクロードさんもドナちゃんを巡って子供っぽいやり取りをするので、度々ドナちゃんに呆れられます。クロードさんが、本気でドナちゃんを狙っているのか、それともアキラ君を焚き付ける意味を含めたからかいなのか微妙なラインです。本気っぽく見えるんですが、どうなんでしょうか‥‥あれだけ避けていた社交界に出ることを決めたあたり本気っぽいんですが‥‥うーん、難しい。

アキラ君が子供っぽいというか、年相応というか。とりあえず可愛い!身長が同じくらいと言われて、これ以上伸びるか不安になってるのとか!アキラ君って何歳なんでしょうか。調べてみたところ、寄宿学校って13歳から入れて18歳で卒業なんですよね。恐らく13歳ではないでしょうから、14~17歳くらい?ドナちゃんは5年以内に結婚しないと~のくだりを鑑みて、17~19歳くらい?最高で5歳差。多分最低でも3歳差ですよね。完全に私の妄想ですので悪しからず。最高ですね!ふふふ。

ドナちゃんがナンパされているのを見た親子の連帯プレーは流石としか言いようがありませんでした。美少年の睨みは怖いですね。クロードさんのウィンクもなかなか不穏なものがありました(笑)

 

隠しtrue

甘酸っぱい。もうひたすら甘酸っぱい。どっかの誰かさんのルートみたいに、胃が痛くなることもなく、若い2人のジレジレソワソワした恋愛模様を温かい気持ちのまま見ることができました。アキラ君はバッドもバッドじゃないから最高です。最高の癒し要員です。ありがとう!

前半は思春期の男の子らしく、上手くアプローチできなくて悩んでましたね。まあそこらの同年代の子よりも紳士なんでしょうけど。場面場面でことごとく邪魔をされるアキラ君。怒りの声を上げたくなるのも分かります。変質者からドナちゃんを助けようとしたのに、サラッと掻っ攫われ、挙句にバラの花束をプレゼントされるのを見せつけられちゃうんですから。しかも見た目は良いライナスときたものです。ここで初めてイームズ子爵と対面しまして。感想はヤバい人来たなぁ‥‥ですよね。面白いですけど。バックにバラを背負ってますし。白目であんな迫り方されれば誰だってビビりますよね。ははは。

年齢差や身長差を気にするのは思春期特有で可愛いですよね!でも、ドナちゃんって公式の身長早見表を見るかぎり、ヒール込みで168㎝という設定みたいなので、部屋の中でもヒールの靴を履いているかは分かりませんが、アキラ君だって結構ありますよね。せめて170㎝は欲しいところなんでしょうか。クロードさんもあの中じゃ2番目に背が高いですし。贅沢者め‥‥!

振り回されっぱなしなところもニヤニヤポイントです!2人きりでお出掛けして特別と言われてソワソワしたり、頬を触られて赤くなったり、買い出しに行って迷子にならないよう手を繋ごうと言われて落ち込んだり‥‥。アキラ君の不憫っぷりが堪りませんね!そこから少しずつ逆転していく様なんてもうね!マキシマ氏からアキラ君を救出したとき、泣き出したドナちゃんの額にキスをしてるシーンなんて卒倒ものでした!!目つきの優しいこと優しいこと‥‥ドナちゃんの照れ顔も可愛いですね!!でも、最後はドナちゃんがバシッと決めて、流石我らがドナちゃんという感じですね(笑)

2人の関係も両家族公認って素敵ですよね‥‥!アキラ君に余裕が生まれて、ドナちゃんをからかったりグイグイ迫ったりするのは流石あの父親の子だとしか(笑)あと、ドナちゃんのお母さんをどんどん誑し込んでいくのも、1ヶ月かけて外堀を埋めドナちゃんを逃げられないようにしたクロードさんそっくりですね!クロードさんのようにあからさまじゃないあたり手強いというか、なんというか‥‥。

 

こんな感じで、隠しルート終了です。このルートはどれを選んでも楽しく終わるので大好きです。バッドのドナちゃんのご乱心っぷりは見ないと損です(笑)アキラ君、ビビらないであげて!trueのクロードさんはちゃんと良い父親でしたが、友情はマキシマ氏の部分を除いて子供でしたね。

次はあの殴りたいランキングぶっちぎり1位の人です。そして私の大好きなメリケンサックの方が大活躍するルートです。

それでは。